<林ぶどう研究所の代表的品種>

マスカットジパング

10年以上をかけて当研究所で開発された
緑のぶどうです。食べ応えのある大きな粒、
さわやかなマスカットの香り、
ジューシーで上品な甘さをお楽しみいただけます。
 一度食べると、虜になります。
 *皮ごとOK  基本的に種無し
 

マリオ

当研究所が栽培しているぶどうの中でも非常に大粒の黒いぶどうです。
多汁で水々しくさっぱりとした上品な味わいが特徴。
甘すぎず爽やかな味わいは夏にぴったり。
よく聞かれますが、ワリオという品種はありません。
*皮ごとOK 基本的に種無し
 

ゴールドフィンガー

その名の通り、指のような形です。
見かけることは少ない品種ですが、
糖度が非常に高く、ジューシーな味わいです。
 *皮ごとOK  基本的に種無し
 

紫玉

巨峰に似ていますが、早い時期に収穫できます。
粒は大きく丸々としていてまさにアメジストのよう。
甘味も酸味もしっかりとした濃厚な味わいが特徴です。
*基本的に種無し
 

【当研究所開発】

マスカットジパング

地域を強くするぶどう

林ぶどう研究所が10年の歳月をかけて開発し、2014年に品種登録されたぶどうです。
非常に粒が大きく、種無しで皮ごとお召し上がりいただけます。まずは見た目の大きさに感動。一口食べると溢れ出す果汁のジューシーさと、  上品で飽きない甘さ マスカット特有の香りもお楽しみいただける品種です。 
 

開発者の想い

〜岡山から世界へ。一粒に想いを込めて〜 
月日の流れとともに、農業を取り巻く環境や人々のニーズも大きく変わってきました。誰でもどこでも作れるぶどうだけに頼るのではなく、岡山という土地の力を生かした、岡山でしか育てられないぶどうを開発し、地域の力ある生産者たちとともに岡山の農業を強くし世界に発信していきたい。そんな想いを込めて開発、「マスカットジパング」と名付けました。